葬儀に参列する際の服装は喪服でなくても問題ない?

SITE MENU

知っ得!葬儀の持ち物や服装についての豆知識

知っ得!葬儀の持ち物や服装についての豆知識のmainイメージ

葬儀に参列する際の服装に特に決まりはなく、平服の場合は地味な服装と靴を選びましょう。子供は制服か地味な色の平服を選びましょう。

葬儀に参列する際の服装は喪服でなくても問題ない?

葬儀に参列する際の服装に決まりはありませんが、失礼のないように最低限のルールを守るようにしましょう。

【葬儀は喪服である必要はない】

葬儀に参列する際の服装は、喪服である必要はありません。

故人への哀悼の意を表せられるのであれば地味な平服でも問題ありません。

お通夜でも、地味なものであれば平服でも大丈夫です。

喪服の由来は「遺族と近親者が喪に服している」意味からできた服装なので、遺族側でなければ、必ず喪服でなくても問題ないです。

【平服で参列する際の注意点】

平服で参列する際でも注意点がいくつかあります。

男性は地味な色のスーツと靴、黒のネクタイであること、女性は地味な色のスーツかワンピースに黒の靴であることは守るようにしましょう。

地域によっては多少のルールがあることもあるので、その地域にあった葬儀の服装で参列するようにしましょう。

【アクセサリーはできるだけ付けない】

弔事では一般的に、結婚指輪以外アクセサリーはつけないようにしましょう。

もし、アクセサリーを身に着ける場合は、真珠やブラックオニキスなどの一連になっているネックレスや一粒タイプのイヤリング、ブローチなどにとどめるようにしましょう。

【子供には学校の制服を着せよう】

子供の場合、正式礼装は学校や幼稚園などの制服になります。

もし、制服がない場合は、黒やグレーなどの地味な色の服装を選びましょう。

赤ちゃんの場合も、できるだけ装飾のない地味な色の服を着せて参列するようにしましょう。

また、参列時の靴は黒の靴を選びましょう。

【ご参考】レディース喪服の選び方とイチオシ!30代・40代・50代のマナーとおすすめ - Peachy - ライブドアニュース

知っ得!葬儀の持ち物や服装についての豆知識 Copyright ics2016.org.All Rights Reserved.